新型コロナウイルス(COVID-19)立ち退き命令に対する支払い猶予措置についての情報 | Eviction Moratorium - Japanese

2020年7月16日更新

2020年6月26日、オレゴン州議会はHB 4213を可決し、2020年9月30日まで住宅および商業用不動産の立ち退きに関する州全体の支払い猶予措置を延長しました。この法案はまた、テナントが2021年3月31日までに未払い分家賃を支払うことを認めるものです。 

支払い猶予措置についての詳細は以下をご確認ください。

家賃を支払うことができませんか?

オレゴン州で、家賃を支払うことができないテナントを支払い猶予措置期間中の滞納によって強制退居させることはできません。支払うことができないという証拠を提示する必要はありません。

テナントには、支払い猶予措置期間の未払い家賃を返済するために、2020年10月1日から2021年3月31日までの6か月の返済猶予期間が与えられます。返済猶予期間中、テナントは未払い分家賃の返済予定金額に加え、現在の家賃を期日に支払う必要があります。

家を借りている場合

outline of a person with a check next to it

  • 支払い猶予措置は、2020年9月30日まで家賃を支払うことができないテナントが強制退居させられることを防ぎます。

  • 他の合法的な目的のために退居させられたテナントの保護はしません。

calendar icon

  • 期限内に家賃を支払うことができる場合は、家賃を支払う必要があります。

documents

  • 家主に所得喪失の証拠を提出する必義務はありません。

  • ただし、可能性のある州または連邦の家賃援助プログラムの資格を得ることができるよう、すべての文書を保存してください。

money sign

  • 支払い猶予措置解除後、返済猶予期間が始まります。2020年10月1日から2021年3月31日までに、支払い猶予措置期間の未払い分家賃を返済する必要があります。

  • 返済猶予期間中、テナントは未払い分家賃の返済予定金額に加え、現在の家賃を期日に支払う必要があります。

scales of justice

  • 家主および賃貸住宅の住民は、両者が希望した場合に支払計画を締結することができます。支払い計画の締結については法的要求条件ではありません。