drawing of a woman in a house

自宅に留まりましょう。命を救いましょう。

5月7日、ブラウン知事はオレゴン州の再開に向けた段階的アプローチを発表しました。閉鎖はまだ終わっていません。3月23日に発令された自宅待機令も、知事が発令期間を終了するまでは引き続き有効です。これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延を制限するための州全体に対する命令です。できるだけ自宅にいることで、ウイルスが蔓延するのを防ぎ、命を救うことができます。

健康を保つ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こすウイルスは、人から人へ簡単に伝染します。健康を保つには:

  • 体調が良いと感じても、引き続きできるだけ自宅にいる
  • 公共の場所にいる他者や同居人以外の人から6フィート(約1.8メートル)以上の距離を保つ
  • 頻繁に手を洗ったり口元を覆って咳をしたりすることで、細菌の蔓延を防ぐ
  • 顔を触らない 
  • 頻繁に触れる物の表面を清潔にし、消毒する
  • 公共の場で布製、紙製または使い捨てのフェイスカバーを使用する
  • 病気だと感じたら自宅に留まり、他の人を守るために距離を保つ

心臓病や喘息、糖尿病または高血圧などの現在進行する、または慢性の疾患を抱えている場合は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が重症化するおそれがあります。病気になった場合は指示を仰ぐため主治医にご連絡ください。

decorative image

体調が悪い場合

特に熱と咳で具合が悪くなった場合は自宅に留まり、体調を回復するために通常行うこと、例えば睡眠、休息をとる、十分な水分補給などを実行してください。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)用の特定の薬はありません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状があり、医師のアドバイスが必要な場合は、医療機関にご連絡ください。

以下の症状を伴うことがあります:

  • 息切れまたは呼吸困難
  • 発熱
  • 寒気
  • 悪寒と震え
  • 筋肉の痛み
  • 頭痛
  • 喉の腫れ
  • 新たな味覚または嗅覚の喪失 

医療機関は医師の診察を受ける方法についてアドバイスを与え、検査の必要性を決定します。主治医がいない場合は、211に電話して、お近くの診療所リストおよび検査情報についてお問い合わせください。マルトノマ郡在住の方は、503-988-5558の地域保健センターにご連絡ください。保険および入国管理情報は必要ありません。支払いができない場合でも心配の必要はありません。

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクをチェックすることは、適切なケアについての決断に役立ちます。ウェブサイト下部の「その他の言語」をクリックし、お好きな言語を選択してください。

home isolation

自宅隔離

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が出たら、自宅の他者から隔離された場所で休息し、回復に努めてください。可能であれば、別々のバスルームを使用してください。食べ物、食器、タオルを共有しないでください。定期的に清潔にし、消毒してください。以下の場合のみ隔離を終了することができます:

  • 熱が下がってから少なくとも3日(72時間)以上が経過し、咳や息切れが回復した(発熱抑制薬や咳止め薬を使用せず)。 
  • 最初に症状が現れてから少なくとも10日以上が経過した。
graphic of person wearing a mask

フェイスカバーと医療用マスク  

CDCは、食料品店や薬局、または混み合った歩道といった公共の場で、他人と6フィートの距離を保つことができない場合は、布製フェイスカバー着用を推奨しています。

布製フェイスカバーは物理的な距離の代わりにはなりません。布製フェイスカバーは、互いの身を保護するためにできる、もう一つの方法です。

一般市民の方々は、医療用マスクやN95マスクを着用しないでください。安全を確保して仕事をするため、医療従事者はこれらの医療用マスクを必要としています。

自家製布製フェイスカバーの作り方に関する画像とアドバイスについては、CDCのWebサイトをご覧ください。

移民・関税執行局(ICE)

3月18日の時点でICEは、執行を一時的に停止し、公安上のリスクおよび刑事上の根拠に基づく強制収容対象となる個人に重点を置くことを発表しました。個人は、移民に対する執行を恐れて医療を受けることを避けてはなりません。

公共料金と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

連邦政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療または予防サービスを受けることが、米国永住権を求める人にとって不利に働くことはないと発表しました。受給できる様々な公的扶助の詳細に関しては、211に電話し、母国語でお問い合わせください。公的扶助および公費に関する特定の質問については、オレゴン法律センター/オレゴン公的扶助受給ホットライン(1-800-520-5292)までお電話ください。

詳細情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の基本的事実 - Japanese (175.25 KB)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)情報シート (815.31 KB)

ご質問がある場合

週7日、午前8時から午後11時までの間に、2-1-1にお電話ください。または211Infoにアクセスしてください