感染予防を伴う営業再開について 

5月7日、ブラウン州知事はオレゴン州の営業再開に関する段階的措置について声明を発表しました。マルトノマ郡は現在、営業再開段階においてフェーズ1です。フェーズ1には、隣のグループとの間隔を6フィート(約1.8メートル)あけての着席形式でのレストランでの食事、パーソナルケア・サービス(サロン、理髪店、スポーツジム)および25名までの地元での集まりが含まれます。 

経済活動やサービスが営業再開したとしても、新型コロナウイルス(COVID-19)はコミュニティの中に依然として存在しています。ワクチンや治療方法を得るまでは、新型コロナウイルス(COVID-19)と共に生きることになるでしょう。私たち全員で、家族、友人、隣人を守るための役割を果たさなければなりません。

7月1日の時点で、オレゴン州の室内公共施設ではマスクの着用が必要となっています。この要請は5歳以下の子どもおよび内科疾患の方や、マスクの着用が阻害されるような障害をお持ちの方には適用されません。 

マルトノマ郡では、住民が知事からの指示を忠実に守るよう、強く働きかけています。一方で、マスクを着用している黒人、先住民、および有色人種に対する人種差別主義者の行動は、安全面での懸念事項です。郡では、個人に対する即時で過度な取り締まりや名誉を傷つける行為は行いません。郡はむしろ、エッセンシャルワーカー、高齢者、および有色人種コミュニティなどの重大なリスクに直面している方へ、優先的なマスクの寄付を行っています。温和な心で、判断を避け、お互いに取り締まるのはやめましょう。 

マスクの着用および新型コロナウイルス(COVID-19)の詳細はこちら

drawing of a woman in a house

健康に過ごすために

COVID-19が引き起こすウイルスは、人から人へ急速に感染します。健康に過ごすためには:

  • 家族以外の人との濃厚接触を制限する行動を続けてください
  • 公共の場においては、また生活を共にしない人とは6フィート(約1.8メートル)以上の距離を保ってください
  • 頻繁に手を洗い咳をするときには覆いをすることで病原菌の拡大を防いでください
  • 顔を触らないようにしてください 
  • 触る頻度が高い表面の洗浄と消毒を行ってください
  • 外出の際にはマスクを着用してください
  • 体調が悪い場合には、他の人を感染から守るために家で人と離れて過ごしてください

心臓病、喘息、糖尿病、高血圧症などの慢性疾患を患っている人は、新型コロナウイルス(COVID-19)により重篤な症状となる恐れがあります。病気になった場合の計画を、かかりつけの医師と相談してください。 

decorative image

体調が悪い場合

特に発熱や咳などの体調の悪さを感じたら、外出しないで家で過ごし、普段体調を回復させるときに行うように、睡眠、休息を取り、飲み物を十分に補給してください。新型コロナウイルス(COVID-19)への特定の薬はありません。 

新型コロナウイルス(COVID-19)の症状があり医療的なアドバイスが必要な場合には、かかりつけの医師へ電話してください。

症状は以下の通りです:

  • 呼吸が浅い、または呼吸が困難
  • 発熱
  • 寒気
  • たび重なる悪寒による震え
  • 筋肉の痛み
  • 頭痛
  • のどの痛み
  • 今までにない味覚や嗅覚の障害 

かかりつけの医師が、医療機関の探し方と検査を受けるべきかどうかの指示を与えます。かかりつけの医師がいない場合には、211に電話して近くの医療機関のリストと検査に関する情報をお尋ねください。マルトノマ郡に居住している方は、地域保健センター 503-988-5558 へお問い合わせください。健康保険および移民情報は必要ありません。支払い能力がなかったとしても、門前払いになることはありません。

さらに、新型コロナウイルス(COVID-19)のリスクを確認して、適切なケアを受ける方法について決定することができます。ウェブサイトの下部にある「more languages(他の言語)」をクリックし、使用言語を選択してください。

home isolation

自宅隔離

新型コロナウイルス(COVID-19)の症状を発症した場合、家の他の人から離れた隔離された場所で、休息を取り回復に努めてください。以下の場合にのみ自己隔離を中止できます:

  • 解熱剤や咳止めなどの薬を服用せずに、発熱している状態から、また咳や呼吸が浅い症状から回復してから少なくとも3日間(24時間)が経過した場合。 
  • 症状を感じ始めてから少なくとも10日間が経過した場合。

移民・関税執行局 (ICE)

ICEは3月18日時点で、政策の執行を一時的に停止し、公共の安全に危険を及ぼす行為や犯罪に基づいた強制拘留を科される個人への執行に注力することを発表しました。移民の退去命令の執行を恐れることにより、医療機関を訪れることを避けるべきではありません。

公的扶助と新型コロナウイルス(COVID-19)

合衆国政府は新型コロナウイルス(COVID-19)に対する医療的処置や感染防止策は、米国内で永住権を求める人々に対して不利になることはないと発表しました。 利用できる様々な種類の公的サービスに関する情報については、211へ電話してご自身の言語を話せる担当者にお問合せください。公的サービスや公的扶助に関する特定の質問事項は、オレゴン州法律センター/オレゴン州公益ホットライン法律相談窓口 1-800-520-5292 へお問い合わせください。

労働環境に関する心配

職場の安全や健康の危険に付いてご存知の方は、OSHA(オレゴン州労働安全衛生局) 800-922-2689 まで連絡し、危険な状況について報告できます。

職場環境での安全に関する心配がある従業員の方は、オレゴン州労働安全衛生局へ苦情を申し立てることができます。苦情申し立てフォームは、英語とスペイン語で用意されています。  

オレゴン州の労働産業局が、労働者のSick Time(病気休暇)、Oregon Family Leave Act(オレゴン州育児・介護休業法)、およびその他の施策によりサポートします。労働者の方でご質問がある場合は、971-673-0761 までお電話いただくかmailb@boli.state.or.usまでメールでお問い合わせください。

詳細について

検査はどこで受けられますか?| Where Can I Get Tested?

新型コロナウイルス(COVID-19)検査方法について | What to Expect From Your COVID-19 Test

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の基本的事実 - Japanese (PDF) | Do your part flyer

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)情報シート (PDF) | Community flyer

ご質問の受付

毎日月曜日から日曜日、午前8時から11時までの間に2-1-1へお電話ください。|または211Infoを確認してください。